TOP > ダイビングスクールの情報 > ダイビングスクールの選び方と泳げない人及び目の悪い人のダイビングの可否

ダイビングスクールの選び方と泳げない人及び目の悪い人のダイビングの可否

ダイビングスクールを利用する人もいると考えられますが、その際に選び方に関して注意しておきたいことがあります。
同じ種類であっても、スクールごとにカリキュラムなどが違っているので、あらかじめ情報収集を行うのが大切だと思われます。
実績やダイビングを教える人間の経験に関して確認することもその一つだと言われています。
目安になると考えられているのはダイビングを教える人間がどのくらいいるかなどです。
また電話をしたり、実際行ったりして従業員の対応をチェックすることも重要だとされています。
顧客に対して丁寧な対応をしてくれる従業員が存在するスクールを選択するよう心掛けておきます。
雰囲気を知るというのも重要であり、それによって通うのに苦にならないかどうかを理解することが可能です。
他にもチェックポイントはありますが、選び方に注意することがスクールを利用する上で大切なことだと思われます。


泳ぐことができない人はダイビングができないのかといえば、それは間違っています。
そもそも水の中に沈む行為であるので、泳ぐのが得意ではなくても差し支えはないです。
水中に顔を付けることができるのであれば、ダイビングは可能だとされています。
また視力が低い人でも、コンタクトレンズまたは度があるアイマスクを使用すればダイビングをすることができます。
ただ、コンタクトレンズをつけて行うのであればソフトを選ぶのが適切だと言われています。
また1回行う毎にレンズを換えるのが良いとされていることから、ソフトのうち1日で交換するタイプのコンタクトレンズが勧められます。
ちなみに、海の中が濁っていても問題がないとされるアイマスクなども存在しています。
アイマスクを購入するのであれば、自分に合ったものを選ぶのが適切だと考えられます。


ダイビングスクールの中にはプールが付いているところも存在していて、これには次のようなメリットがあります。
まず海へ行かなくてもダイビングをすることができるという点が挙げられています。
プールが付いていない場合は海へ行く必要がありますが、付近にないと交通費や時間を要することがあります。
また天候が悪いとダイビングをすることができないという事態にもなりかねないです。
プールが付いているスクールであれば、交通費や時間に関する心配をしなくて済みますし、天候も気にせずダイビングができます。
またダイビングをしていない期間が長い人にとってもプールが付いているタイプは勧められます。
海の中で練習するのが怖いと感じている人にとってはうってつけだと考えられます。
これら以外にもメリットがありますが、ダイビングスクールを選ぶのであれば、プールが付いているところを候補に入れるのも悪くないと思われます。