トップ > 名刺印刷について > 名刺印刷サービスに関する基礎知識

名刺印刷サービスに関する基礎知識

 名刺印刷サービスを活用するためには、まず第一にオーダーの方法から熟知しておくことが必要です。人気を博しているのは、コストが安いインターネットの通販型のものですが、これに関しては専門業者のウェブサイトからオーダーをするスタイルになります。まずサイズの大きさが複数選択することができるものであれば、必要とされる大きさのものをセレクトします。それから片面のみに文字、あるいはデザインを設定するのか、あるいは両面に必要であるのかをセレクトします。個々にモノクロ及びカラーがありまして、価格もそれによって異なることになります。次に数多くの専門業者では、納品の期間を選択するようになっています。即日渡しから始まり一週間ほどかけるものに至るまでセレクトすることができるようになっていますが、期間が長いほどに費用は安くなるシステムとなります。その次は、紙面のデザイン性のテンプレート選考になります。

 名刺印刷のデザイン性には、テンプレートより選び出すことで、手間なく実施できるものが、広まっています。まず第一に、タテ型とヨコ型のいずれにするのかそれから、片面若しくは両面かなどを決定します。次いで利用する用途に合わせデザインを選択する作業に進行します。ひとつの例としてオーソドックスなビジネスで利用するのか店で利用するのか、それに趣味のために必要なかによって選択するデザインは異なることになります。テンプレートが確定したら、次は文字を打つための必要な作業になります。自身の名前及び会社名並びに連絡先や、住所などをインプットします。レイアウトの場所を修正に、必要ならば裏面の文字に関してもインプットします。その他凝ったものにしたいなら、画像を入れることもできます。

 インターネットのサービスではオンデマンド機を利用する可能性が高くなります。オンデマンドとはデジタル印刷機とも言われるもので、既存のオフセットと違ったメカニズムで名刺を刷ります。オフセットにつきましては、アルミ板及びブランケットといった筒状のゴム印のようなものにインキを乗せ、紙に対して転写するシステムになります。刷り上げるスピードが早くて、枚数が多くなるほど単価そのものが安くて済むことが特色になります。一方のオンデマンド機につきましては、インキをダイレクトに紙に対して吹き付けるスタイルで、プリンターに非常に近いシステムとなります。スピードに関してはオフセットほどスピーディーではありませんが、あまり多くない枚数であれば単価がお得になるのが持ち味だと言えます。納品についてもオンデマンドであれば、オーダーを確定してから一番早くて数時間後には制作されるサービスも多くなっています。

PAGE TOP